雨が降っている街

story

この事実を知るものはとても少ない。表現することが自己主張であることと同義であると誰が決めたのだろう?声なき声なんてものが存在すると言い始めたものは誰だろう? 声がないものは声じゃない。伝えたい事は声となり、言葉となる。伝えたくないことは一生、喉を震わせない。なぜそれを忘れてしまったのか? 言葉がひとつでなくなった理由。我々が生まれた理由。どこへ行き、どこで…

静かに沈殿していくファミーリエ

story

静かに沈殿していくファミーリエ かさぶたを何度も剥がして傷がある事を確かめる少女。  塩水につけたって、指でつついったって、痛みの程度に差が無いんだ。  傷を付ける度胸はないくせに、傷があることに安堵してやがるんだ。  静かに夢を見終わるように落水したい。  パパとママはそんな事を望ん…

マイ・ウィル・ラスト・ラスト

story

マイ・ウィル・ラスト・ラスト 一人ひっそり居なくなる方法を考えている。死と言うものはブラックホールだ。否応無く周囲を巻き込んでしまう。悲しませたくはない。それが最後のエゴなのだ。  それならば、そう。消しゴムか、もしくはカッターが必要だ。すっぱりと存在を消し去ってくれる奴が。リセットなんぞ不要だ。あるのはデリート一つでいい。もしくは電源た…

地下街:記号論

story

地下街:記号論 □が無ければ生きてはいかれないと言う。  恨みを混めて呪いを吐いた人間の顔を知っているか。  誰しもが■に怯えて■□■を戦々恐々と見つめるのだ。  ▲293,800  プラスマイナスな物事なんぞ些細なもんだ。  全部取れ。  全部捧げ…

賛美歌の為の賛美歌

story

賛美歌の為の賛美歌 目を閉じて無言の流星に空を描く。  意味なんて無いんです。  君が幻想を嘆くから、僕は夏を越えられないでいる。  エアコンの起動音。  錆び付いたのは麦茶だけだった。  胎児のままの僕が、あの人を指差して項垂れている。  エアコン…

この展示はフィクションであり、実在の人物とは一切関係ありません。 -空想する家-

story

Photoch ver.02: この展示はフィクションであり、実在の人物とは一切関係ありません。 -空想する家- ※展示、トークイベント共に前橋ポエトリー・フェスティバルの一環です。 この展示はフィクションであり、実在の人物とは一切関係ありません。 -空想する家- 主催:芽部会期:2014年5月17日(土)- 5月18日(日)open 12:00 - cl…

おりおりおりおり

story

おりおりおりおり おかいこさんの言うとおり つむいでつむいでつむいでく 祖母も母もつむいでく 織って織って織っていく おかいこさんとおじゃんぼん 祖母も母もそのとおり 祖父も父もそうなった つづいてくつづいてく しわがれても それでも 美しい糸たち そいで きっと わたしも 前橋ポエトリー・フェスティバル参加作品1

なくすさくら

story

なくすさくら 通りを駆け抜けろ。 桜の下には人がいる。 あなたは目を背けるだろうか、それとも目をやるだろうか。 桜の下には人がいる。 花見だろう。花見だろう。 恐らくそうに違いない。 恐らく花見なのだろう。 枯れた花の下にいる。 枯れ落ちた桜の下にいる。 散った桜の下にいる。 あなたは通りを駆け抜ける。 名前を呼ぼう。 別れを告げよう。 それなのに、我々は…

マトリョーシカをご覧あれ

story

マトリョーシカをご覧あれ みえないものを見ようだなんて傲慢じゃないか。 ソースコードで構成されている事を知っている。 知らないままだっていいんだよ。 知ってしまったって構いやしないけど。https://youtu.be/57MCVsvGoxU

月曜日の煽動彩度

story

月曜日の煽動彩度 好きなものを20個挙げていく。 家族、 飼い猫のジャム、 早朝に聞く知らない人のラジオ、 出来立てのアップルパイ、 わたしの嫌いなものが好きな人、 流れ落ちる雨音、 エメラルドグリーンの海底みたいに腐った眼球、 嘘を悟られないように避ける視線、 誰も不幸にならないハッピーエンド、 花火みたいな轟音、 焼け付くような痛み、 上にいく前に見つ…

十と二十

story

十と二十 消えてしまった魔法の呪文を彼らは探す。  Aから始まる。Zで終わる。  魔法の呪文を彼らは探す。  完結させる言葉と解決する言葉を。  本をめくる。ペンを置く。  Aから始まる。Zで終わる。  魔法の呪文を永遠探す。  見…

ポッピング・サワーA

story

ポッピング・サワーA ラムネ、サイダー、瓶詰めにした。 橋をかけて、きっと皆は明日へ向かうんだ。 きっと無意識にでもそうするんだ。 けれどわたしの友達はそうしなかった。 ラムネ、サイダー、瓶詰めにした。 わたしの友達は賽の河原へ突っ込んで行った。 脇役みたいな顔して落っこちた。 落っこちたら戻れっこないって知っているのに。 ラムネ、サイダー、瓶詰めにした。…